岡村とうふとコープみえ 紀宝町と協定を締結

 高齢者等が住み慣れた地域で安心して生活できるまちづくりを推進するため、紀宝町は2日、有限会社岡村(岡村とうふ)と生活協同組合コープみえの2事業者と「地域における高齢者等見守り活動に関する協定」を締結。2者は日常業務に支障のない範囲で高齢者等の見守りを行う。その際、生命や身体にかかる異変を発見した場合は町に通報し、担当部署が適切に対応する。協定締結はこれで4例目。

 有限会社岡村からは西口鐵也代表取締役、高橋千秋顧問、金谷英生総務部課長、コープみえからは鈴木稔彦理事長、今津温子組合員理事、三浦孝貴紀北センター長らが出席。西田町長、西口代表取締役、鈴木理事長がそれぞれ協定書にサインし、官民が連携したまちづくりへ意欲を燃やした。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.