尾鷲で294ミリを観測 前線通過で大雨に

 前線を伴う低気圧が四国沖から東北東へ進んだ影響で、25日昼にかけて四国や紀伊半島で大雨となった。東紀州地域でも御浜、紀宝町、尾鷲市に記録的短時間大雨情報が発表されるなどし、住宅への浸水被害もあった。人的被害は確認されていない。

 高知、和歌山、三重の各県では猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報が相次いで発表された。気象庁によると24時間雨量は尾鷲市で294㍉、御浜町で287・5㍉、熊野市新鹿町で233・5㍉を観測。1時間雨量は午前11時前後が最も激しく、尾鷲市で114・5㍉、和歌山県新宮市では同時刻までに99・5㍉、御浜町で94㍉、熊野市新鹿町で89・5㍉に上るなど、非常に激しい雨となった。

 この雨により県道鵜殿熊野線、県道小船紀宝線、県道御浜北山線、県道新鹿佐渡線、県道神川五郷線、国道169号線、国道311号線、県道小船紀宝線、県道七色峡線、県道熊野矢ノ川線の一部区間が雨量規制で、県道熊野川紀和線は倒木で通行止めに。バスやJRも一時運転を見合わせた。

 また、熊野市で2世帯5人、紀宝町で2世帯2人、尾鷲市で2世帯2人が避難。熊野市紀和町大河内、湯ノ口、楊枝川地内の130軒が一時停電したが、2時間ほどで復旧した。

 雨の影響で道路などの冠水も相次いだ。御浜町で2棟(1棟は非住家)、紀宝町3棟の床上浸水、熊野市1棟の床下浸水が確認されている。紀宝町平尾井地区では河川堤防が崩壊した。熊野市紀和町和気では橋梁付近の道路が崩落。御浜町中央公民館も浸水被害のため26、27日を臨時休館にした。


29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、