宇城組が企業の森活動

 熊野市五郷町の株式会社宇城組(宇城哲也代表取締役)は6日、同市金山町と御浜町神木にまたがる熊野生活環境保全林「ふれあいの森」で、森づくり活動に励んだ。

 「ふれあいの森」は県道52号線御浜北山線沿い。県立熊野少年自然の家から約4㌔、育生町方面に向かった場所にある。13・3㌶の山林で昭和58年3月に整備され、遊歩道などが設けられている。

 宇城組では令和元年7月に三重県と熊野市と、森づくり活動を進めることにより、森林環境の保全や地域社会との交流を図り、地域の発展に寄与することを目指す「森林保全協定」を締結。企業の森活動として、ふれあいの森の整備を行っている。

 今回の活動は昨年9月28日に続き2回目。社員ら15人が参加し、作業に汗を流した。社員らは重機や手作業により、倒木や廃材などをトラックへと積んだ。また、刈払機など使い、遊歩道沿いや憩いの広場も草刈り。手際よく整備作業をこなした。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.