子育て支援センター「きしゅう」市木保育所跡に開所

 御浜町の旧市木保育所園舎で1日、児童家庭支援センター「きしゅう」の開所式が開かれ、御浜町の南賢副町長や紀南地域活性化局の辻森芳宜局長、三重県児童相談センターの中村徳久所長ら来賓と東紀州5市町の福祉担当者、熊野ライオンズクラブの会員ら多数が祝福に駆けつけた。

 市木保育所休所後の施設の利活用について町が模索していたところ、児童家庭支援センター設置の提案を受け、改装工事を経てこの日の開所に至ったもの。児童家庭支援センターとは、地方公共団体または社会福祉法人などが設置・運営し、児童福祉に熟知した相談員や心理療法を担当する職員など専門的な知識を持った職員が配置され、住民や里親、市町村からの相談を受ける機関。センターは県内に5つあり、今回の「きしゅう」で6ヵ所目となる。



31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.