地域一丸での教育を推進 紀南高校まもなく創立60周年

 御浜町阿田和に校舎を構える県立紀南高校は今年5月30日に創立60周年を迎える。県内第1号、全国で3番目の「コミュニティスクール」として、地域一丸となった教育を推進していく。

 昭和37年4月1日付で三重県立紀南高等学校の設置が決定。同月16日に御浜町立阿田和小学校、阿田和中学校の施設一部を借りて仮校舎として授業がスタート。1年後の5月27日に本館第1期工事第1棟東側(管理棟、普通教室、地学・物理室)が竣工した。3日後に仮校舎から移転、この日を創立記念日と定めた。さらに1年後の3月31日に本館第2期工事第1棟西側(昇降口、調理・被服・美術室、普通教室)が竣工。その後も寄宿舎、体育館、第2棟東側工事(図書館、化学・生物・書道教室)、格技場、第2棟西側工事(視聴覚・音楽・保険室、普通教室)、第3棟工事(職員室、作法室、商業・家庭経営・保育室)などが完成した。

 スポーツ面では、昭和48年8月に「全国高校総合体育大会男子ソフトボール大会」優勝、同50年10月に「第30回三重国体高校男子ソフトボール大会」優勝、同51年10月に「第31回佐賀国体高校男子ソフトボール」優勝と輝かしい成績を残している。


42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.