国体に向けて〝ソフトボール楽しい!〟熊野市 小学校などで体験会

 来年秋に三重県で開催される三重とこわか国体・とこわか大会に向け、熊野市はソフトボールの普及啓発に取り組んでいる。インカレ出場経験のある平木琴実さんらが市内の保育所や小学校などを巡り、子どもたちにソフトボールの楽しさを伝えている。

 県内では来年9月25日から10月5日に第76回国民体育大会「三重とこわか国体」。10月23~25日には第21回全国障害者スポーツ大会「三重とこわか大会」が開催される。熊野市ではこの内、ソフトボール成年女子と7人制ラグビーの試合が予定されている。

 熊野市観光スポーツ交流課では、津商業出身でソフトボールの全日本大学選手権(インカレ)出場経験があり、市の地域おこし協力隊として活動する平木さんと協力。これまでに木本保育所や入鹿保育所、くまのっ子学童クラブでソフトボールの魅力を伝える体験会を行ってきた。

 16日は五郷小学校で体験会を実施。保育所ではボール投げやバッティング体験が中心だったが、五郷小では1年生から6年生までの児童11人が実際に試合形式も楽しんだ。


67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、