商工会御浜町支所 休業協力金の交付外店舗等へ一律5万円支給

 みえ熊野古道商工会(御浜支所)は5日(金)から、休業要請に対する三重県の協力金などを受けていない接客を伴う店舗等への「新型コロナウイルス感染症対応支援金」事業の公募を開始する。1店舗あたり一律5万円を支給する。

 同事業は新型コロナウイルス感染症に対応する事業者取り組みを支援する目的。申請要件は三重県新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金及び三重県経営向上支援新型コロナ危機対応補助金の交付を受けていない事業者で▽現に御浜町内の店舗その他これに類する施設において小売業及びサービス業(医療・介護サービス含む)を営んでいる▽消費者又は利用者に対して対面で商取引を行っている―を満たす事業者。

 申請に必要な書類は①交付申請書(商工会及び御浜町の公式ホームページからダウンロード又は商工会及び御浜町役場企画課窓口で配布)②申請書の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)の写し③現に業を営んでいることが分かる書類の写し(申告書、開業届)④店舗その他これに類する施設の外観及び内観写真⑤振込口座が確認できる書類(預金通帳の写し等)。ただし、熊野古道商工会の会員は②③④の書類の提出は不要。

 提出先はみえ熊野古道商工会御浜支所へ持参又は郵送。申請の受付期間は6月5日から30日(火)まで。問い合わせは同支所(05979・2・3220)、御浜町役場企画課(05979・3・0507)へ。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、