可憐な花が春告げる 山間部の神社 バイカオウレンが開花

 熊野市内の山間部にたたずむ神社周辺で、バイカオウレンの可憐な花が見頃を迎えた。

 バイカオウレンはキンポウゲ科の植物で、梅に似た花を咲かせることから名付けられたといわれている。地元住民が協力して管理しており、多い時には一面に花を咲かせる年もあるとのこと。

 地元住民によると今年も正月頃からチラホラと花を咲かせはじめ、現在は参道の両側と境内のあちこちに直径1㌢ほどの可愛い花を咲かせており、一番の見ごろとのこと。

 今後、気温によって前後するが、今月いっぱいは花が続く見込みという。


6回の閲覧0件のコメント
logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.