友好都市の熊野市と熊野町 相互の防災力向上へ 災害時の応援で協定結ぶ

 熊野市は3日、友好都市である広島県熊野町と「災害時相互応援に関する協定」を締結。河上敢二市長と熊野町の三村裕史町長がオンラインで調印を行った。

 全国1718市町村のうち「熊野」の名前を持つ自治体は全国で熊野市と熊野町の2つだけ。両市町はこれまでにも相互の親善訪問や、西日本豪雨で熊野町が被災した際の支援など連携を進めてきた。令和元年11月1日には友好都市協定を締結している。

 今回の協定は双方いずれかの地域において災害対策基本法第2条第1号に規定する災害(暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象又は大規模な火事など)が発生、または発生の恐れがある緊急の事態の場合、被害を受けた都市の要請による応急対策及び復旧対策を円滑に遂行するための相互応援の体制について定めたもの。調印式は熊野市役所と熊野町役場をオンラインで結び、河上市長と三村町長が協定書に署名した。


7回の閲覧0件のコメント
logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.