厳かに神事を斎行 花の窟神社春季例大祭 お綱に触れて御神徳を

 熊野市有馬町、花の窟神社(山川均宮司)の春季例大祭が2日に営まれた。昨年10月の秋季に続き、春季例大祭も新型コロナウイルス感染対策として「お綱掛け」は中止となり、神職や総代らの参列で神事のみの斎行となった。

 日本書紀に神々の母イザナミノミコトが葬られていると記される花の窟神社は、熊野灘に向かってそびえる高さ約45㍍の巨岩がご神体。毎年2月2日と10月2日の例祭では、氏子や町民らがもち米のワラで編み上げた大しめ縄を新しいものに交換している。しかし、新型コロナウイルス感染対策として、大勢の参拝者が参加するお綱掛けはとりやめとなった。

 お綱が張り巡らされた境内で営んだ神事では、山川宮司が祝詞を奏上。舞姫を務めたいずれも有馬小学校5年生の脇本結衣さんと岡田莉奈さんが浦安の舞を、山川栞奈さんと川端菜夏子さんが豊栄舞を奉納し、参列者が玉串をささげた。

 神事終了後、恒例の餅まきは中止となったが、参列者が境内に張り巡らされたお綱に触れて祈りを込める光景も。神社関係者は「お綱に触れることで神様とつながり、御神徳を頂くことができます。今後はそのままにしていますので、参拝された後はお綱に触れて御神徳を頂いてください」と話していた。


44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、