原大樹さんの凱旋公演 12月イリュージョンマジックショー

 熊野市文化支援委員会(林伸行会長)は12月17日(木)午後6時半から、熊野市民会館ホールで「HARAイリュージョンマジックショー2020in熊野」を開催する。

 奈良県十津川村出身で、木本高校を卒業後世界的なマジシャンとして活躍するイリュージョニストHARAこと原大樹さんによるステージ。原さんはThe Japan Cap2020において日本で最も権威のある「Magician of the Year」(マジシャン・オブ・ザ・イヤー)を、世界最大のマジック団体IMSが選定してマジック会のアカデミー賞とも称される「マーリンアワード」をそれぞれ受賞するなど大活躍中。「情熱大陸」や「人間観察バラエティ モニタリング」「嵐にしやがれ」など人気番組にも次々と出演し、様々なイリュージョンで出演者を驚かせている。

 チケットは全席自由で1000円。11月1日(日)午前9時から、熊野市民会館、市文化交流センター、紀和B&G海洋センター、新宮市の文具センターツツ井で販売する。なお購入は発売初日のみ1人4枚まで。

 同会では「活躍の場が海外中心で、なかなか日本で見ることのできないパフォーマンスが直で見られます。ぜひ、多くのご来場を。なお、公演は新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿って開催いたします。ガイドラインについては熊野市民会館HPをご参照ください」と呼びかけている。問い合わせは同館(0597・85・3742)まで。


639回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.