協立医院 小出院長にバトンタッチ

 熊野市井戸町、協立内科外科医院は6月1日から紀南病院の外科医長を務めた小出泰平さん(45)が院長となり、診療を行っている。前院長の山本訓生さん(昭和16年生まれ)から受け継いだ〝わが町の病院〟が住民らの健康を守る。

 協立内科外科医院は昭和56年、中納誠也さんと山本さんの二人の医師により開設し、住民に寄り添ってきた。中納さんが亡くなってからは山本さんが一人で診察を続け、診療を続けてきた。


20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、