北野さん、田中さんら受賞 令和2年度学校保健功労者表彰

最終更新: 2020年11月24日

 県教育委員会がこのたび、「令和2年度学校保健功労者表彰」として県内の学校薬剤師ら6人を表彰。県内の公立学校で学校医、学校歯科医、学校薬剤師として長年にわたって貢献し、功績が顕著な人を表彰するもの。本紙関係では、学校薬剤師の北野雅章さん(熊野市)と学校歯科医の田中明人さん(御浜町)が受賞した。

 北野さんは現在、金山小学校、神志山小学校、特別支援学校くろしお学園の3校の学校薬剤師として、飲料水やプールの水の水質検査、照度検査のほか室内の空気検査を行っている。また、矢渕中学校や神内小では児童生徒の尿検査も担当している。平成5年からは紀南薬剤師会の役員を務めており、会員の統率や適切な助言指導を行い、学校環境衛生の維持・改善に尽力している。コロナ関連では、神志山小の養護教諭から消毒に使う次亜塩素酸ソーダの扱い方の相談を受けたという。

 受賞を受け、北野さんは「長年やってきて良かった。これからも子どもたちの健康維持、学校衛生の向上に努めてまいります」と語った。


34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、