北原さんを委託 紀宝町地域おこし協力隊 熊野川中心に活性化へ期待

 世界遺産・熊野川を川舟「三反帆」で遊覧できる体験の提供など、紀宝町の観光にかかる取り組みを中心に活動する地域おこし協力隊の委嘱式が1日、同町役場で行われた。埼玉県さいたま市出身の北原潤希さん(28)が西田健町長から委嘱状を受け取り、三反帆遊覧体験などを展開する「熊野川体感塾」(谷上嘉一塾長)を拠点に、熊野川流域の景観・歴史・文化を後世に伝えていくための活動等を行っていく。

 北原さんは今年1月中旬に紀宝町に移住。来町前には新型コロナのPCR検査で陰性が確認されている。東京などで仕事をしていた北原さんは、自然とともに人が生きていくことの大切さを知り、田舎暮らしに興味を持った。ある日、知人から地域おこし協力隊の存在を知り、インターネットを通じて同町の募集に応募した。

 紀宝町に引っ越して2週間ほどが経過した北原さん。「自然豊かで、都会に比べて温かみのある人が多いなという印象」と語る。これから始まる活動について「自然と触れ合う機会を増やし、自然に興味を持ってくれる人を増やしたい」と意欲を燃やした。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、