勇ましく弓引きを 産田神社例大祭 舞姫も華やかに舞う

 安産の神様として知られる熊野市有馬町、産田神社(山川均宮司)の例大祭が10日に営まれ、大勢の参拝客らで賑わいを見せた。

 同神社はイザナギ、イザナミの命が火の神を産み、難産だったが神社の産湯を使ったことで元気な子どもに育ったと、昔から言い伝えられている。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来賓を少人数に留めて神事を斎行。骨付きサンマ寿司をいただく奉飯の提供や餅ほりは自粛となった。

 午前10時から営まれた神事には、山川宮司や同神社責任役員の山川元紀代、仲森弘亘さん、来賓の山本洋信市議会議長、岩本育久市議、川口朋市議、口有馬共有元総代の和田仁さん、奥有馬自治会長の大橋統昌さんらが参列。山川宮司の祝詞奏上に続き、いずれも有馬小5年生の牧戸なのは、岡﨑結貴さんが浦安の舞を、脇本結衣、岡田莉奈さんが豊栄舞を奉納した。

 悪魔祓いの弓引きでは、橋屋正史さん(42)と充正さん(36)兄弟が勇ましく矢を放った。境内や神社周辺では有馬婦人会が名物の「産田おこし」を販売した他、さんま寿司の試食や販売、奥有馬自治会による射的や玉転がし、パンのふるまいもあり、参拝客を喜ばせていた。




56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、