前向きに「Withコロナ」を 河上市長年頭会見デジタル化の推進も

 熊野市の河上敢二市長は5日、年頭記者会見を行い「熊野市では幸い新型コロナウイルスの感染はありませんが、いつ発生してもおかしくない状況。市民の皆様1人ひとりが感染防止対策にしっかり取り組んで頂くことが、まちづくりにも非常に重要な要素になる。1人も感染者を出さない1年にできればと考えている」と語った。

 会見ではコロナの影響と支援策、熊野市ふるさと納税、駅前商業施設の出店者募集、今月11日から来月末まで開催する「第9回辛い物フェア」、今後の行事予定について説明した。

 まずコロナ関連では市役所各課による聞き取り調査の結果を提示した。それによると11月末現在で事業への影響として「悪化」または「大きく悪化」と回答した割合が10月と比較して微増しており、若干影響がでてきている状況。集客施設でも道の駅熊野・花の窟で先月比プラスながら割合が下がっている。GoToキャンペーンや修学旅行の効果で入り込み客数などは一時回復したが、GoToの停止でキャンセルが相次いだ宿泊施設もあった。各種支援策ではウルトラレインボー商品券が3億9198万6000円に対し、換金率は12月18日現在で79・3%。12月9日に発送した生活者・事業者・ひとり親世帯応援商品券支給事業では1億6747万円分の商品券を支給している。熊野管内の10月末時点での有効求人倍率は1・50で依然として高い状況にある。

 ふるさと納税はポータルサイトの増加と返礼品を昨年の3倍近くとなる582品目に増やしたことで目に触れる機会が増え、前年の約1・5倍となる9969件を受付。昨年好調だった宿泊券が伸び悩んだことで金額は微減だが、それでも2億1099万7541円と、2年連続2億円を突破した。返礼品では干物が1番人気で鯛等の養殖魚、みかん加工品(ジュース・ゼリー等)、梅干し、みかんなどと続く。寄せられた寄附金は地域まちづくり協働事業や図書館の図書購入などに充てられている。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、