初の金賞に輝く ひつじみかん牧場 国産羊毛コンテスト


 御浜町志原の「ひつじみかん牧場」が飼育するヒツジが、第10回「国産羊毛コンテスト〝フリース・オブ・ザ・イヤー〟2020」で見事、最優秀賞の金賞に輝いた。愛情を込めて育ててきたヒツジが初の金賞を獲得し、同牧場を経営する北見桂吾・悠加さん夫妻は「賞に恥じないよう、よりよい牧場づくりに励みたい」と喜んでいる。

 同牧場は埼玉県出身の桂吾さんが母方にゆかりのある御浜町で2017年6月にオープンさせた。共に牧場で働いていた経験のある夫妻が、ヒツジたちとふれあえる観光牧場として運営し、今では地元住民にとっても人気スポットになっている。

 国産羊毛コンテストは、日本にもニュージーランドやオーストラリアにも負けない、素晴らしい品質の羊毛があることを証明しようと2011年からスタートした。ひつじみかん牧場では第4回大会からエントリーしており、これまでに銀賞1回、銅賞1回、敢闘賞2回。

 コンテストは今年で最終回となり、6月の参加募集で北海道や愛知県など20牧場から35点が集まった。ひつじみかん牧場からは、昨年5月に生まれた令和第1号の「黒豆まめ子」と命名したメスのヒツジがコンテストに臨んだ。

 北見夫妻は虫がつかないよう、冬場には服を着せるなど、試行錯誤を繰り返し、出来る限りを尽くした。幼いヒツジは毛が硬くなりやすいが、柔らかい毛質を生み出すことに成功したという。この結果、念願の金賞に選ばれた。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.