公正な選挙実現へ尽力 西地委員長に特別表彰

 熊野市選挙管理委員会の西地崇浩委員長(78)が全国市区選挙管理委員会連合会特別表彰を受賞。24日、熊野市役所庁議室で伝達式が行われ、河上敢二市長から西地委員長へ表彰状と記念品が手渡された。

 西地さんは木本高校校長を退任後、新熊野市が発足した平成17年12月に熊野市選挙管理委員会委員に就任。平成26年1月まで連続2期8年の間、選挙の適正な管理執行と明るい選挙の啓発に尽力した。

 また、平成26年1月からは委員長に就任し、現在に至る連続2期6年7ヵ月の間、熊野市における選挙執行の管理者として、その職務を全う。全国市区選挙管理委員会連合会、同連合会東海支部及び三重県市選挙管理委員会連合会の数々の要職を歴任し、広く選挙制度の研究・改善に精励した。今年度の受賞者は全国で43人、東海地区では2人という。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、