全国林業グループコンク 次世代への木育活動 熊野林星会 林野庁長官賞に輝く

 熊野市の木材関係者らが中心となってつくる「熊野林星会」(野地伸卓会長、会員25人)が令和2年度全国林業グループコンクールで林野庁長官賞に輝いた。熊野の木に親しんでもらう木育の取り組みが高く評価され、野地会長は「次代の担い手が森や木に親しんでもらえる活動を進めたい」と話した。

 熊野林星会は熊野材の認知度向上や地域貢献を目的に1988年に発足。夏休みの親子木工教室や「木の町熊野木工コンクール」開催などの木育活動を続けている。

 林業グループコンクールは全国林業研究グループ連絡協議会が主催。林業技術向上や林業経営の発展のため自主的な活動で地域振興などを図っている全国約1千の林業グループを取り上げ、活動を発表・討議することでグループ相互の発展・資質向上を目的に開催されている。

 熊野林星会は三重県代表として参加した近畿ブロック林業グループコンクールで1位になり、全国コンクールに推薦された。全国コンクールは3月4日にリモートであり、審査の結果、熊野林星会が農林水産大臣賞に続く林野庁長官賞を受賞した。

 4月29日、同会の野地会長、野地良成、井上陽介両副会長が受賞を報告した。審査員からは同会と三重大学が共同開発した「セーザイゲーム」への評価が高く「キット化して販売してはどうか」など、今後の取組に期待する意見もあったという。


42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市内新たに2人 本紙調べ新型コロナウイルス

熊野市内で11日、新たに40代男性2人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったことが分かった。 2人は熊野市内で発生したクラスター(集団者感染)関係の濃厚接触者もしくは接触者として検査を受け、陽性が判明した。12日午前10時現在、本紙が確認できた分では県外に戻った市出身者を含め、5月9日以降、熊野市12人、御浜町1人の計13人が陽性となっている。

令和5年の県議選から適用 東紀州は合区し定数3

三重県議会は11日の本会議で、県議会議員選挙から議員定数51を48に削減する条例改正案を可決した。令和5年に予定されている次期県議会議員選挙からは、熊野市・南牟婁郡選挙区(定数2)と尾鷲市・北牟婁郡選挙区(同)が東紀州選挙区として合区され、定数3となる。 同改正案は▽伊勢市(定数4)と鳥羽市(同1)を合区して定数4に▽熊野市・南牟婁郡選挙区と尾鷲市・北牟婁郡選挙区を合区して定数3に▽伊賀市選挙区(