光の競演に歓声 山崎公園20万球超える電飾点灯

 熊野市の山崎運動公園で18日からイルミネーションの点灯が始まった。人気の光のトンネルや光る海など色とりどりのLED(発光ダイオード)が幻想的な雰囲気を醸し出している。点灯は来年1月17日までの午後5時から同9時まで、毎日行われる。

 市のイルミネーション事業は今年度で8回目。当初はJR熊野市駅前を中心に行っていた展示を、5年前から山崎運動公園で実施している。

 公園には10㍍の光のトンネルはじめ、青や黄色、赤など色鮮やかな電飾約20万球が競演。訪れた人たちを楽しませている。

 また、公園内の土手を囲った大規模なイルミネーション装飾「光の丘」の前には、青色のダイオードで海をイメージし、イルカも飛び跳ねる。ハートマークの写真映えするスポットなども設けられている。

 初日の18日は午後5時に樹木や動物をかたどったイルミネーションが点灯。公園にいた児童や親子らが歓声を挙げた。その後、光のトンネルや光の丘が灯ると子どもたちは大はしゃぎ。公園内を駆け回ってはイルミネーションを満喫していた。

 今年は新型コロナウイルスの影響でイルミネーションを中止する場所もある中、市民らに少しでも喜んでもらおうと実施を決定。市役所建設課の職員らが1週間がかりで準備してきた。同課では「コロナ感染対策に留意して頂き、イルミネーションの輝きと夜のウォーキングをお楽しみください」と呼びかけている。


78回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、