今年は2千人の見物客 小又田んぼアート 児童や住民ら収穫体験

 熊野市の飛鳥地区地域まちづくり協議会(向井岩夫会長)は21日、飛鳥町小又の「田んぼアート」で収穫体験を開き、家族連れらが収穫に汗を流した。

 今年は大きい田んぼで近大新宮高校の二河さくらさん(3年)が「蓮とメダカ」、小さい田んぼで飛鳥小の戸嶋かのんさん(6年)が「ねずみの三兄弟」をデザイン。新型コロナウイルス感染拡大防止で、参加者の負担軽減のため使用デザインを簡素化。大きいアート側では稲が生長するにつれ、アメンボがチョウへと変身する変化のある作品にし、田んぼアートが繰り広げられた。

 収穫体験は天候不順のため2度延期にとなり、21日に行われた。好天に恵まれたこの日は地元住民ら約20人が参加。戸嶋さんの家族や藤根正典県議、地元の久保智市議も汗を流した。

 向井会長が「今年の田んぼアートはほぼ予定通りで90%の出来でした」と成功を喜び挨拶。小畑貞文さんが作業の手順などを説明した。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、