今年は2千人の見物客 小又田んぼアート 児童や住民ら収穫体験

 熊野市の飛鳥地区地域まちづくり協議会(向井岩夫会長)は21日、飛鳥町小又の「田んぼアート」で収穫体験を開き、家族連れらが収穫に汗を流した。

 今年は大きい田んぼで近大新宮高校の二河さくらさん(3年)が「蓮とメダカ」、小さい田んぼで飛鳥小の戸嶋かのんさん(6年)が「ねずみの三兄弟」をデザイン。新型コロナウイルス感染拡大防止で、参加者の負担軽減のため使用デザインを簡素化。大きいアート側では稲が生長するにつれ、アメンボがチョウへと変身する変化のある作品にし、田んぼアートが繰り広げられた。

 収穫体験は天候不順のため2度延期にとなり、21日に行われた。好天に恵まれたこの日は地元住民ら約20人が参加。戸嶋さんの家族や藤根正典県議、地元の久保智市議も汗を流した。

 向井会長が「今年の田んぼアートはほぼ予定通りで90%の出来でした」と成功を喜び挨拶。小畑貞文さんが作業の手順などを説明した。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.