今回で節目の50台 和田いく子さん福祉施設へ車椅子寄贈

 熊野市有馬町の和田いく子さん(71)は8日、「支えていただいたお年寄りの方へのご恩返しに」と、熊野市社会福祉協議会や4福祉施設にそれぞれ車椅子を寄贈した。和田さんはこれまでにも車椅子の寄贈を続けており、今回で節目の50台目となった。

 市教育委員会の生涯学習講座の歌謡教室で講師を務めていた和田さん。家族を交通事故で亡くし、絶望のどん底にあった時、周りの高齢者の方が温かく支えてくれた。和田さんはその恩返しにと平成11年から車椅子の寄贈を開始した。平成18年から平成30年の間は市議会議員を務めていたため休止していたが、市議勇退後に活動を再開した。

 今回は熊野市社会福祉協議会とたちばな園、エイジハウス、オレンジロードむつみ苑、ケアホーム熊南にそれぞれ1台ずつ車椅子を寄付。8日は熊野市保健福祉センターで贈呈式が行われた。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.