交通規制に協力を 来月8日聖火リレーの実施に伴い

 熊野市教育委員会では、4月8日(木)に熊野市内で実施する東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレーに伴う交通規制について、協力を呼びかけている。

 三重県内では、7・8の両日に聖火リレーが予定されており、8日は伊賀市、名張市、松阪市、大紀町、紀北町を経て聖火が熊野市へ到着。午後6時20分に熊野市駅前を出発(予定)し、獅子岩交差点から国道42号を南進して、立石南交差点を右折。オレンジロードを通って山崎運動公園へ午後7時16分の到着を予定している。山崎運動公園ではセレブレーション(聖火到着を祝うイベント)も開かれる。

 熊野市内では午後5時半から交通規制を開始。熊野市駅前~獅子岩前、獅子岩前~立石南、立石南~矢田~山崎運動公園で全面規制を行うほか、周辺に迂回路も設定する。

 同教委では「規制時間は目安であり、当日の状況によって変更する場合があります。コース近隣の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。また、路線バスの一部運休や遅れなどにもご了承いただくとともに、自家用車の自粛や迂回にもご協力ください」と呼びかけている。各区間の規制時刻は次の通り。

 ▼熊野市駅前~獅子岩前=17時30分~18時50分。

 ▼獅子岩前~立石南=17時40分~19時20分。

 ▼立石南~矢田~山崎運動公園=17時40分~19時30分。



70回の閲覧0件のコメント