井田で夜空彩る花火 太陽水産 コロナ終息や豊漁祈願

 紀宝町の井田海岸で5日、打ち上げ花火が夜空を彩った。井田の太陽水産株式会社(﨑本春美代表取締役)がサプライズで実施したもので、道の駅紀宝町ウミガメ公園などでドライバーらが車を止め、美しい花火に感激する様子が見られた。

 同社では毎年、豊漁などを祝うえびす祭りを行っているが、来年1月20日に予定している同祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止を決断した。そのため、今回、シラスの豊漁や新型コロナウイルスの終息を祈願し、打ち上げ花火を行った。

 午後6時30分からは、井田海岸で同祭りに出演したことがある熊野水軍太鼓保存会(廣里稔暢代表)が太鼓演奏を披露。豊漁祈願にふさわしく、熊野の地にまつわる諸手船をイメージし、設立当初より受け継がれてきた「諸手」や「征波」「閃光」の3曲を力強く打ち響かせた。廣里代表は「ほぼ1年ぶりの公の場での演奏の機会となりありがたい」と話した。


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、