井戸小学校 給食異物混入で説明会

 給食への異物混入が続いた熊野市の井戸小学校(蒸野孝文校長)は3日夜、緊急保護者説明会を開いた。保護者ら約20人が出席、学校側からは調理室の換気扇カバー交換や新しい洗米機購入などの改善策が示され、子どもたちが笑顔で給食が食べられるよう努力していくことが語られた。

 説明会では蒸野校長や市教育委員会の岡本晴哉総務課長が、児童や保護者らに不安を与えたことをお詫び。蒸野校長らの説明によると、6月3日から7月1日にかけて、給食にビニール片や赤色の物体、ご飯2つに2㍉ほどの黒いコゲのようなもの、体長1㌢ほどのハエのような虫が入っていた。

 このほか、髪の毛の混入11件やほこりのようなもの多数があったという。ハンバーグに入ったビニール片については調理場や食材納入の業者にも確認したが特定には至らなかった。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、