上野の大杉 元気になって 御浜 住民ら土の入れ替えに励む

 御浜町上野の町指定天然記念物「上野の大杉」の保全のため13日、住民らが根っこ周辺の土壌改良に取り組んだ。遠い昔から地域を見守ってきた巨木に元気になってもらおうと、約30人が作業に励んだ。

 環境庁や三重県によると、上野の大杉は尾呂志学園近くに立つ2本の老樹。東側は胴周り6㍍、西側は5・2㍍の胴周りで、風伝からの強風に耐え、独特の枝ぶりを示している。

 過去には、明治3年4月17日に新宮領主・水野忠幹侯が巡見した際、胴周り14・2㍍、樹齢700年と推定されたより大きな杉があったと言われるが、明治18年10月2日の火災で消失したという。

 現存する2本の大杉は枝が近隣の民家まで迫り、枝折れによる住居被害などが想定されたため剪定を実施した。熊野古道センターの樹木医に診断してもらったところ、土壌がすこぶる堅い状態が判明。酸素不足とともに水をうまく吸い上げることが出来ず、枝先まで水分が届いていない状態がわかった。

 そこで貴重な天然記念物を守ろうと、土壌改良により木の健全化を図ろうと、この日の作業となった。上野の住民や町教育委員会の関係者らが早朝から作業に参加。紀宝町の庭屋「棚田」の協力を受け、根っこ周辺の土を掘り起こし、肥料や炭を加えた土へと入れ替えた。根を傷つけないよう、作業は全て人力によって行われた。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、