三重県 今月は移動自粛継続 行事なども指針改定

 三重県の鈴木英敬知事は26日、政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言を全国で解除したことを受け、記者会見した。生活に必要のない県境を超えた移動については今月いっぱい自粛を呼び掛け、6月1日以降はイベント開催の基準も段階的に緩和する。一方で、東京、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県との往来は6月18日まで控えるよう要請した。

 県では緊急事態宣言の全国での解除にあたり、新型コロナウイルス感染症拡大防止にむけた「三重県指針」を改定した。政府が示す手洗い等の徹底、三密(密集、密接、密閉)回避、人と人との距離の確保といった「新しい生活様式」の定着を前提に、一定の移行期間を設け移動自粛やイベント開催基準等を緩和する。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、