三重とこわか国体を前に 木本中 公式ダンスに親しむ

 来年秋開催予定の「三重とこわか国体」(第76回国民体育大会)と「三重とこわか大会」(第21回全国障害者スポーツ大会)を前に、イメージソング『未来に響け』に合わせた「とこわかダンス」を広めるダンスキャラバンが22日、熊野市立木本中学校であった。2年生42人がJSDA(日本ストリートダンス協会)公認インストラクターのMICHIYOさん、YU―KIさんからダンスの指導を受け、元気いっぱい体を動かした。

 三重国体を前に、国体について子どもたちに知ってもらうとともに、公式ダンスを通じて親しみを持ってもらおうと、県教育委員会が一昨年度から県内全29市町を舞台に実施している取り組み。国体までに、県内各市町の保育所、幼稚園、小中学校、特別支援学校、イベント会場、教職員らの研修会など様々な場所で行っている。

 同校では、準備体操を経て、早速ダンスの練習。はじめは音なしで振り付けを覚え、その後、音に合わせて実践。生徒はリズムに乗って手足を動かしたりジャンプしたり。はじめは覚えるのに必死だったが、少しずつ慣れ、最後は歌いながら楽しく踊れるようになった。マスコットキャラクター「とこまる」も訪れ、生徒とともに踊った。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、