一足早く正月気分 自然の家 親子ら凧作り体験

 三重県立熊野少年自然の家(本山拓哉所長)は13日、凧作り教室を行い、親子らが自作の凧を大空へと浮かべた。

 熊野市と新宮市、御浜町から23人が参加。まず自然の家で職員から教わりながら凧作りに挑戦した。

 参加者は、思い思いの絵柄を用紙に下書きした。カラフルな絵をはじめ、人気アニメ『鬼滅の刃』のキャラクターを描く子も多かった。下書きが終ると、デルタ型のビニールカイトにマジックペンで写した。

 引き続き、ビニールカイトに鼻先や骨組みを張り付けオリジナルの凧が完成。御浜町阿田和のふれあいビーチへと移動し、凧揚げに挑戦した。海岸ではほどよい風が吹き、凧はスイスイ上昇。参加した家族らは凧揚げを楽しみ、一足早いお正月気分を味わっていた。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

65歳未満7月7日から 熊野市コロナワクチン モデルナ社使用の場合も

熊野市は16日、65歳未満(16~64歳)の新型コロナワクチン接種について、現時点での予定を発表した。集団接種は7月7日から6~7週間での実施を見込んでいる。 市では6月16日に令和3年6月8日現在で市に住民票がある、令和4年3月31日時点で65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)かつ16歳以上(平成18年4月1日以前生まれ)を満たす人に、ワクチン接種券を発送した。 市が行う集団接種の予約開始は

12歳以上~16歳未満も準備中 早ければ7月上旬から接種 熊野市コロナワクチン16~64歳に接種券発送

熊野市は16日、新型コロナウイルスワクチンに関し65歳未満(16歳以上~65歳未満)の接種券の発送を開始した。現在行われている65歳以上の集団接種の予約状況によっては、65歳未満も早ければ7月上旬からのワクチン接種も可能との考えを示した。今後は12歳以上~16歳未満への接種方法も検討を進めていく。 16日行われた市議会一般質問、岩本育久議員のワクチン接種の現状と今後の課題に関する質疑応答によると、