テレ東番組でロケ 心配ないさーの声響く 育生に大西ライオン出没

 熊野市の山峡の町、育生町などで9日から11日まで、テレビ東京の人気番組『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』の収録が行われている。お笑いタレントの大西ライオンさん(吉本興業)が得意の「心配ないさ~」の声を響かせ、バス利用者の姿を追い求めている。

 同番組は所ジョージさんと一緒に、ゲストや視聴者が学校で教えてくれないような知識や教養を学んでいくバラエティ。大西ライオンさんらは、鉄道が通っていない地域のローカル路線バスの利用者を調査する「秘境バス停の終点利用者!どんな人?」の企画で熊野市を訪れた。

 9日、大西ライオンさんらは熊野市が運行する路線バス「清流・那智黒石の里線」に乗り、木本町の新町停留所から終点の育生町尾川停留所へと向かった。新町から尾川までの所要時間は1時間超。これまで、同様の企画で山梨県や宮崎県の秘境と言われる地域を訪れたが「1時間以上、バスに乗っていたのは初めて」と大西ライオンさん。美しい自然の景色に飽きることはなく「テンションが上った」と話した。

 バス利用者探しの合間には、尾川停留所のバス停標識の清掃や周辺の草引きにも励んだ。利用者が少ないため、きれいになった標識に気付く人がいないのではという不安を、持ちネタの「心配ないさ~」で吹き飛ばしていた。


255回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.