スマホで世界遺産参拝 花の窟神社 ネットファームと協力

 熊野市有馬町の花の窟神社とネットファーム(高見守代表)が協力し、「スマホで参拝 世界遺産花の窟」のサイトを立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で外出や帰省を自粛し、熊野に来れない人たちもスマートフォンを使い、花の窟神社に参拝できる。

 同サイトは、熊野が大好きな東京在住者から、参拝に行けないけどお参りをしたいという提案を受け、ネットファームと花の窟神社が協力して製作した。

 鳥居から進んで、手水舎では手水の仕方クイズや、丸石について説明。本殿を参拝して花占い、カグツチノミコトの前では、火を使った料理占い、帰り道で稲荷神社ではカラー占いも。その隣の龍神神社では、運が良ければ龍神様の姿を見られるような仕掛けも施した。

 稲荷神社でのカラー占いは、例年8月17日に行われる花火大会に合わせて、期間限定で花火の絵柄にした。

 ネットファームなどでは「少しでも花の窟への参拝気分を感じていただければと思います。スマートフォンを縦にして見るように作られていますので、お時間のあるときにゆっくりと参拝してみて下さい」と話している。サイトのアドレスは次の通り。

 https://hananoiwaya.com/omairi/index.html


44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.