ゴルフ仲間が祝福 寒作悦夫先生が瑞寶雙光章

 今年3月に瑞寶雙光章に輝いた熊野市久生屋町の元小学校長、寒作悦夫さんの叙勲と米寿を祝うゴルフコンペが23日あった。久生屋町にある寒作さん所有のアプローチ練習場「久生屋ゴルフ」に馴染みのメンバーが集い、和気あいあいとプレーした。

 寒作さんは昭和28年4月に旧神志山村の神志山小学校で教諭としての一歩をスタート。熊野市の木本小、紀宝町の相野谷小などを経て、昭和58年4月に熊野市神上小で教頭に。同61年からは紀宝町浅里小で校長を務めた。平成4年に五郷小学校長をもって、惜しまれつつ退職するまで約40年間にわたり、地域の教育発展に尽くした。


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.