コロナ対策し満喫 黒潮海童まつり賑わう

 「第26回黒潮海童まつり」が15日、熊野市磯崎町の古々路茶屋で開かれた。新型コロナウイルス感染防止対策を心がけながら、訪れた人たちがイベントを満喫した。

 地域おこしグループ「黒潮海童」(大西拓代表)などでつくる黒潮海童まつり実行委員会(山本昌伸実行委員長)が主催。新型コロナの影響により各地でイベントの中止が相次ぐ中、磯崎町を舞台に25年間続けてきた同まつりを支えてもらった地域の人たちに感謝を込めて実施。9月開催から延期し、規模を縮小して行った。

 客席はソーシャルディスタンス(社会的距離)が確保され、次々と観客が訪れた。開会にあたり、山本実行委員長が挨拶。「DANCE TEAM M’s」のメンバーが軽快な音楽に合わせてヒップホップダンスを踊った。




4回の閲覧
logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.