ウミガメ公園 新企画を展開 海岸清掃活動とイベントを両立


 道の駅「紀宝町ウミガメ公園」は25日(日)から、新たに井田海岸の清掃活動と出店が一体となった「にっこりクリーンフェスタ」に取り組む。若手スタッフの竹鼻歩さんと伊藤柊也さんが中心となって企画を考案。〝ウミガメ公園で1日楽しく過ごせる〟をキーワードに、毎月第4日曜日に実施している海岸清掃の規模を拡大化したり、道の駅に体験イベントや出店コーナーを設けたりする。これらを両立し、利用客にも海岸清掃への協力を促すことで、施設の意義であるウミガメの保護啓発活動を強化していく狙いがある。

 昨年10月以降、毎月第4日曜日を「海岸清掃の日」として一般参加者を募ったクリーン活動を実施してきたが、2~3人ずつしか集まらず、リピーターもつかなかった。作業開始が午前9時からだったため、炊事洗濯のある人や遠方からの参加が困難だったのではないかと分析。そこで、新年度からはより大勢が参加できるよう11時開始に変更、ウミガメが気持ちよく産卵できる環境整備に地域一丸で協力していく。また、これを期に体験イベントや出店コーナー(フリーマーケット)などこれまでになかったテーマやサービスを追加し、ウミガメ公園のファン獲得を推進。出店者は町内外問わず募集中。将来的にはレギュラー出店できる出店者が中心となり、出店者同士が運営の中心として機能してもらおうと「にっこりクリーンフェスタ実行委員会」の設立も検討。基本、出店者は自分の店の運営を中心に実施し、海岸清掃は利用客中心に行ってもらおうと画策している。

 1日のイメージは▽9時=会場準備▽10時=イベント開始▽11時=海岸清掃▽12時=ランチタイム▽13時=カメレースエントリー開始、ウミガメクイズ▽14時=カメレーススタート、カメ撮影会▽15時=ウミガメに関する説明会―、16時終了予定。

 荒天中止。開催するかどうかは前日にウミガメ公園フェイスブックで確認できる。出店の希望(17日締め切り)などの問い合わせ先は、公園内ふれあいパーク(0735・32・3686)。



12回の閲覧0件のコメント