インスタで魅力発見 くまのフォトラリー多数の作品応募を

 熊野市観光スポーツ交流課はインスタグラムを活用した「くまのフォトラリー2020」を開催中。多数の応募を呼びかけている。

 定番の観光スポットに限らず、地元住民や観光客など様々な目線で新たなスポットや面白い視点をみつけてもらい、写真を通して多くの人に熊野市を知ってもらおうと開催するもの。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、観光にこられなかった人が多い中、過去の写真なども含め、改めて熊野市の良さや思い出を多くの人に届けたいと実施する。

 参加方法は▽熊野市内で写真を撮影▽インスタグラムの公式アカウント(kumanophotorally)をフォロー▽撮影した写真に「#くまのフォトラリー2020」のタグを付けてインスタグラムに投稿すると言う流れ。

 応募資格はプロ、アマ問わず、未発表の作品なら誰でも参加可能。抽選でフォロワー全員が対象となる「フォロー賞」(美熊野牛1万円相当、3人)と、投稿者の「ポスト賞」(熊野地鶏セット、11人)が当たる。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.