「避難勧告」が廃止に 今後は避難指示に一本化

 熊野市防災対策推進課では、20日付で災害対策基本法の一部を改正する法律の施行により「避難勧告」と「避難指示(緊急)」が「避難指示」に一本化されたことから周知を図っている。

 防災情報を5段階に分けた「大雨警戒レベル」はこれまで、避難勧告と避難指示がどちらも「レベル4」に位置付けられており「違いが分かりにくく避難に遅れが出る」などの指摘が出ていたことから、避難情報をシンプルにし、住民の避難行動につなげるのが狙い。

 これまでは「勧告」を基本とし、緊急性が高い場合は「指示」を出すといった使い分けがされてきたが、「指示」が発令されるまで自宅にとどまって逃げ遅れるケースが相次いだことから改正に至った。

 また、警戒レベルで「5」の「災害発生情報」も「緊急安全確保」に名称を変え、災害発生もしくは危険が切迫している段階で発令されるように変更される。

 内閣府と消防庁では「すでに安全な避難が出来ず、命が危険な状況である『レベル5』の発令を待ってはいけません。今後は避難勧告が廃止されますので、レベル4の『避難指示』で危険な場所から全員避難しましょう。なお、避難に時間のかかる高齢者や障害のある人は警戒レベル3の『高齢者等避難』で危険な場所から避難しましょう」と呼びかけており、同課では「本市においても市民の皆様が的確な避難行動がとれるよう、適切な情報発信を行ってまいります」としている。


20回の閲覧0件のコメント