「紀伊半島一周」へ一丸 近畿道紀勢線建促協 二階氏ら迎え促進大会

 三重県と和歌山県及び両県の沿線31市町村で構成する近畿自動車道紀勢線建設促進協議会(会長・仁坂吉伸和歌山県知事)は8日、和歌山県のガーデンホテル・ハナヨアリーナで令和2年度の促進大会を開催。衆議院議員の二階俊博氏、浮島智子氏、吉岡幹夫国交省道路局長、前川秀和西日本高速道路株式会社代表取締役社長、県議、市町長ら約150人が早期全線完成へ団結を深めた。

 近畿自動車道紀勢線は大阪府松原市から三重県多気町を結ぶ延長335㌔。現在は紀伊半島南部の熊野尾鷲道路Ⅱ期、熊野道路、紀宝熊野道路、新宮紀宝道路、新宮道路、すさみ串本道路、串本太地道路が事業中区間となっている。

 開会にあたり仁坂知事は「昨年春に紀伊半島一周道路の全線事業化が決定され、今年は4車線化について印南~みなべ間、大宮大台~紀勢大内山の一部区間が事業化されたことに感謝している。和歌山・三重両県南部の方々がビジネスチャンスの拡大や、災害に対する希望が持てるよう、令和7年『大阪・関西万博』までにこの道路が完成できるようお願いしたい」と挨拶。自民党幹事長の二階氏は「両県お互いに推進に向けた機運が盛り上がっている。引き続きお互いの使命を果たし、この道路の整備を推進しよう」と呼びかけた。


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

尾鷲市で6人陽性 三重県内新型コロナ

三重県は13日、県内で新たに33人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。尾鷲市でも新たに5人の感染が確認された。また、県の発表とは別に、尾鷲市長によると同市職員一人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示しているという。 県の発表によると、新たに感染が確認されたのは▽四日市市2人▽亀山市4人▽志摩市1人▽尾鷲市5人▽いなべ市3人▽伊勢市5人▽津市5人▽伊賀市3人▽名張市1人▽桑

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.