「熊野エリア道の駅協議会」発足 会員やサポーターも募る

 熊野市・御浜町・紀宝町の道の駅が中心となって観光などにおける連携強化を目的として立ち上げた「熊野エリア道の駅協議会」が27日に発足した。道の駅熊野・花の窟で行われた発足式には野地俊行代表ら正会員やサポーター、オブザーバーら9人のメンバーが集い、団結を誓い合った。

 国のGoToトラベルキャンペーンやみえ旅プレミアム旅行券の発行、熊野尾鷲道路Ⅱ期の開通やフェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜の開業も控える中、これまで各施設が各々で行ってきた情報発信やサービス、イベント等について連携し、協働で広域的に行っていこうとの取り組み。今年3月から会合を重ねて発足に至り、今後は正会員やサポーター会員も募っていく。


99回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

熊野市で初の陽性 新型コロナ20代の男性会社員

熊野市の20代男性会社員が14日までに新型コロナウイルスの検査で陽性になったことが分かった。熊野市内からの陽性確認は初めて。 三重県の発表によると、男性会社員は13日に県から陽性の発表があった尾鷲市内の40代男性会社員と同じ尾鷲市内の職場に勤務。10日から37度台、13日には40度台の発熱と全身倦怠感があった。13日に接触者として検体採取で検査され、14日に陽性が判明した。 すでに入院しており、症

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.