「お祭り」の原点に戻り 大馬神社 神事と祷渡しのみ斎行

 熊野市井戸町の大馬神社里宮「八幡様」の秋季例大祭が23日に執り行われた。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、各町ダシの参加などをすべて取りやめ、神社関係者での神事と祷渡しのみ執り行った。

 松原神楽保存会による獅子舞の奉納に続き、県神社総代会長を務めるなど神社界の発展に尽くしながら今月9日に亡くなった谷川醇太郎元本社会長に黙とう。山東宮司が祝詞を奏上して浦安の舞を奉納し、神社総代会長の三角田愼二、祷屋代表の山川忠則、濱田昌孝さん、次年度祷屋代表の片岡克典、河上美佐子さん、神社総代会顧問の片岡久、松田豊さん、一般参列者代表の松田浩二さんが玉串を捧げた。

 引き続き行われた祷渡し行事では、盃の儀によって硎屋町内会から仲井田町内会へと祷渡しを完了。山東宮司は「コロナ禍の大変な中、斎行にご尽力頂きありがとうございます。お祭りを斎行するにも大変厳しくなっていますが、お祭りの原点に立ち戻って祭祀の厳修をしっかりと行っていき、神様の恵み、祖先の恵み等感謝をさせて頂きながら祭祀を行ってまいりたい」とし、三角田総代会長は「今年はお祭りの原点に近づく年となるのでは。大馬神社の自然を我々氏子として守り続けていくことを願いながら、これからも務めて頂ければ」と呼びかけた。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

尾鷲市、紀北町で4人 熊野市で新たに2人 三重県内新型コロナ

三重県は16、17両日で、県内で新たに66人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性になったと発表した。16日の発表では熊野市の50代会社員女性Aさんと20代会社員女性Bさんの2人、17日の発表では尾鷲市で3人、紀北町で1人の陽性が確認された。 16日に発表で新たに感染が確認されたのは▽四日市市1人▽津市7人▽朝日町1人▽桑名市5人▽菰野町2人▽鈴鹿市5人▽志摩市4人▽明和町1人▽玉城町1人▽伊賀市

logo.gif

吉野熊野新聞 オンライン新聞

PCやスマホでいつでもデジタル吉熊新聞が読めます

〒519-4323 三重県熊野市木本町635番地

​TEL:0597-89-4611  FAX0597-89-5526:

Copyright(C) 吉野熊野新聞社 有限会社 All Reserved.